Questionホームってなに?

Answerホームはサイトを表します。EasyHome2は、ひとつのプロジェクトで複数のサイトを管理できるため、それぞれのサイト毎にホームを作成する必要があるのです。

ほとんどの人は、ダイアルアップしているプロバイダのディスクスペースを利用していると思います。そういう場合は、ホームをひとつだけ作ります。

また、プロバイダとは別にGeoCitiesなども利用している人は、プロバイダのホームと、GeoCitiesのホームをそれぞれ作ってください。


Questionアイテムに付いてる×マークは?

Answerそのアイテムが使用されていないことを表します。つまり、どのページからもリンクされず、画像などのソースとしても使われていない、宙ぶらりんな状態にあるアイテムです。要らないアイテムを見つけるための目安とお考えください。

なお、アイテムの使用状況(つまり×)を再チェックするには、メニューからファイルリスト-->最新の情報に更新を実行してください。


Question出力先とは?

AnswerEasyHomeはHTMLファイルを直接編集しません。FTPイメージ出力を行うことで初めてHTMLファイルが作成されます。それまではHTMLの内容はehpファイルの中に存在します。
ホームのプロパティにある出力先という設定は、このFTPイメージ出力の出力先のことです。つまり、ここで指定されたフォルダの中に最終的なファイルが作成されることになります。
このフォルダの中は、FTPイメージ出力のたびに更新されるので、これは特別なフォルダとし、他の事では使用しないでください。共用すると、そちらのファイルが消えてしまいます。


Questionあるページだけテキストエディタで直接編集したい

AnswerEasyHomeでは編集したくないHTMLファイルをプロジェクトに加えるには、そのファイルをファイルアイテムとして追加します。

  1. 追加するHTMLファイルの拡張子をTXTにします。(例:test.html→test.txt)
  2. EasyHomeでファイルリストを出し、メニューからファイルリスト-->新規作成-->ファイルを選択します。
  3. 前述のtest.txtを選択します。
  4. 名前をtest.htmlに変えてOKをクリックします。

これでFTPイメージ出力すると、test.txtがtest.htmlというファイル名で出力先にコピーされます。
編集する時は、ファイルリスト上でtest.htmlをダブルクリックします(テキストエディタでtest.txtを開きます)。

※拡張子をTXTに変えたのは、アイテムをダブルクリックした時にテキストエディタを起動させるためです


Question「〜が参照しているファイルが見つかりません」というメッセージが出る

Answerファイルリストは素材ファイルのパス(ファイルの場所)を記憶します(チュートリアル参照)。このため、一度登録した素材ファイル(参照元ファイル)のファイル名を変えたり、場所を移したりすると、ファイルリストがその素材ファイルを見つけられなくなり、上記のメッセージが表示されます。

プロジェクトを開く時であれば、「代わりとなるファイルを指定してください」と表示されるので、OKをクリックして素材ファイルを指定してください。プロジェクトを開いた後なら、ファイルリストでそのアイテムのプロパティを開き、「参照元」を再設定してください。

なお、最終的に出力されるファイルの名前を変えたい場合、参照元ファイルの名前を変える必要はありません。ファイルリストでアイテムの名前を変えてください。


Questionオフライン用のページの場合、URLはどうするの?

Answerオフライン用のページの場合や、まだ公開するURLが決まっていない場合は、初期値のままで構いません。
ちなみに、作成されるHTML内でこのURLが使われるのは、他サイトからリンクしている場合だけです。同じサイト内でのリンクは常に相対アドレスになります。